小説のために(第二十五話)

15  宮沢賢治が詩や童話で使っている用語や比喩(隠喩)が独特であることは、吉本隆明をはじめとして多くの人が指摘している。水でも川でも石でも雲や風や森や木の芽でも、賢治の言葉を通過することで固いものは柔らかくふくらみ、液 […]