プロフィール

katayama
1959年1月5日愛媛県宇和島市に生まれる。
1977年九州大学農学部に入学。
専攻は農業経済学。1981年同大学卒業、大学院に進む。
1986年「気配」にて『文学界』新人賞受賞。
1995年、『きみの知らないところで世界は動く』を刊行。はじめての単行本にあたる。2001年『世界の中心で、愛をさけぶ』を刊行。その後、ベストセラーとなる。主な作品に、『ジョン・レノンを信じるな』『空のレンズ』『もしも私が、そこにいるならば』『雨の日のイルカたちは』『最後に咲く花』『船泊まりまで』『遠ざかる家』『壊れた光・雲の影』『宇宙を孕む風』『静けさを残して鳥たちは』、評論集に『どこへ向かって死ぬか』『生を見つめ、死をひらく』などがある。福岡市在住。
 

著作一覧

きみの知らないところで世界は動く (1995年 新潮社、2003年 ポプラ社)小学館文庫
ジョン・レノンを信じるな (1997年 角川書店) のち小学館文庫
DNAに負けない心 (エッセイ、新潮Oh!文庫、2000年、2004年光文社「考える元気」に改題)
世界の中心で、愛をさけぶ (2001年 小学館) 小学館文庫
満月の夜、モビイ・ディックが (2002年 小学館) 小学館文庫
空のレンズ (2003年 ポプラ社) 講談社文庫
もしも私が、そこにいるならば (2003年 小学館) 小学館文庫
雨の日のイルカたちは (2004年 文藝春秋) 小学館文庫
最後に咲く花 (2005年 小学館) 小学館文庫
船泊まりまで (2006年 小学館) 小学館文庫
壊れた光、雲の影 (2007年 文藝春秋)
遠ざかる家 (2008年 小学館) 小学館文庫
宇宙を孕む風 (2008年 光文社)
静けさを残して鳥たちは (2010年 文藝春秋)
どこへ向かって死ぬか (2010年 NHK出版) 小学館文庫
なお愛について、語るべきこと (2012年 小学館) 小学館文庫
生をみつめ、死をひらく (2013年 NHK出版新書)
生きることの発明 (2013年 小学館文庫)
そうだ、高野山がある (2015年 バジリコ)
なにもないことが多すぎる (2016 小学館)