お知らせ

片山恭一の毎日更新、いろんなはなしをします
今日のさけび

 誰かと出会って、その人のことを腑に落ちるように好きになる。「好き」という実感が、心と身体の真ん中にストンと落ちてくる。そして「出会う前から出会っていた」とか「生まれる前から会っていた」といった不思議な感覚にとらわれる。ぼくがそうだから、たぶんみんなそうだろう。みんなそうだということにして話を進めよう。既視感(デジャブ)などと呼ばれて、心理学や脳神経学では「記憶が呼び覚まされるような強い印象を与える記憶異常」などと説明されているようだが、全然説明になっていない。そもそも脳神経学などで説明できるものではないのだろう。

 昨日まで見ず知らずだった人のことを、今日は「もうこの人しかいない」というくらい疑問の余地なく好きになっている。一瞬にして「かけがいのない人」と思い定めてしまう。この理不尽なまでに不思議な情動は、自己の事後性ということからしか説明がつかないと思う。つまり「自己の手前」というべき場所があるのだ。自己の手前だから空間化できず、したがって可視化も実体化もできないために、経験的に把握するのは難しい。目の粗い経験論的な言葉には引っかからないけれど、だからといって錯覚や妄想というわけではない。それどころか、ぼくたちの生の大切な実感である。この確かな実感があるから、見ず知らずの者どうしが短時間で肉親よりも強いつながりをもち、家族をなして子どもを育て、人類を営みつづけているのである。

 はじめて会ったはずなのに、ずっと前から知っていた。この人とは生まれる前から出会っていた。こうした未来を追憶するような感覚は、自己の手前で起こっていることを、現在に貼り付いた自己が体験することによって生まれる。自己の手前だから、自己はそれを未来としてしか展開できないのだ。森崎茂さんが「内包」と呼んでいる感覚は、このようなものだと思う。それはぼくたちの生と切り離せないリアルな感覚としてある。生理学的に説明できないからといって、アルゴリズムに置き換えられないからといって、この大切な感覚を「ない」ことにしてしまってはならない。今日は時間がないのでここまで。また明日、つづきを書こう。(2019.6.23)

>>>きのうのさけびを読む

おはなしメニュー

人間のなかの善なるもの

1  このところ日本各地で地震や大雨などによる被害がつづいています。自然災害の少ない土地という印象をもっていた愛媛県も、今年は豪雨に見舞われて30人以上の方が亡くなり、農業を中心に大きな被害が出ました。昔にくらべると暑さ […]

ぼく自身のための広告(12)

12 父の写真  書斎の隅に置いてある写真の父は、6年前に亡くなった。12月24日が命日。クリスマス・イブの寒い朝だった。お葬式に使った写真だけれど、近くに住んでいる母が「別のものを飾りたい」と言うのでもらってきた。 毎 […]

ぼく自身のための広告(11)

11 オーディオの話……①  これから何度かオーディオについて書いてみようと思う。そのためには家を建てる話からはじめる必要がある。というのは、ぼくは音楽は好きだけれど、けっしてオーディオ・マニアや音質の求道者ではない。ス […]

第5回 能楽~夢幻能を中心に

1 基本的な知識 約650年前の室町時代、観阿弥(1334~84)、世阿弥(1363~1443)の親子によって大成された。奈良時代に日本に入ってきた唐の大衆芸能である「散楽」が日本風に「さるごう」と呼ばれ、それが「猿楽」 […]

ぼく自身のための広告(10)

10 ギター  知り合いがやっているウクレレ教室に遊びにおいでよと誘われて、このところ久しぶりにギターに触っている。10年ぶりくらいじゃないかな。長くほったらかしていたので弦は錆びつき、何本かは切れていた。ボディにも埃が […]

ぼく自身のための広告(9)

9 執筆中  いま書いている小説の原稿。適当なところでプリントアウトして赤のボールペンで手を入れる。これは一回目。だからページ全体が真っ赤。少し先へ進んだところで、また最初から手を入れる。そんなことを何度も繰り返す。一年 […]

第4回 源氏物語の世界

1.全体の構成  54巻(帖)よりなる主人公・光源氏を中心とした約70年の物語。源氏の一代記として読めば、最後の宇治十帖までは、彼が生まれ、育ち、恋をし、流謫(須磨・明石に蟄居)と昇進(准太上天皇・39歳)を経験しながら […]

ぼく自身のための広告(8)

8 お酒の話  どうもお酒が好きで、困っちゃうなあ。別に困ることはないんだけど、つい飲み過ぎてしまうもので。なぜかなあ。年が明けると60歳なのに。還暦ですよ、いやはや。こういうことって学ばないものです。学習したことを忘れ […]

第3回 『万葉集』(後半)

6 草摘みの歌    『万葉集』には、春菜摘みの歌が数多くおさめられている。もともと草摘みは、天候の安定や豊作や村落の平穏無事などを祈願するために、共同体的秩序のもとで行われる予祝的な神事だった。この予祝は、神との約束を […]

ぼく自身のための広告(6)

6 友だちのCD……①  高校時代からの友人がCDを送ってくれた。彼が選曲・構成したもので、タイトルは『東京・青山骨董通りの思い出』、ぼくの好きな主に70年代のロックやポップスがたくさん収録されている。ハイブリッドのSA […]

PAGE TOP