お知らせ

片山恭一の毎日更新、いろんなはなしをします
今日のさけび

 誰かと出会って、その人のことを腑に落ちるように好きになる。「好き」という実感が、心と身体の真ん中にストンと落ちてくる。そして「出会う前から出会っていた」とか「生まれる前から会っていた」といった不思議な感覚にとらわれる。ぼくがそうだから、たぶんみんなそうだろう。みんなそうだということにして話を進めよう。既視感(デジャブ)などと呼ばれて、心理学や脳神経学では「記憶が呼び覚まされるような強い印象を与える記憶異常」などと説明されているようだが、全然説明になっていない。そもそも脳神経学などで説明できるものではないのだろう。

 昨日まで見ず知らずだった人のことを、今日は「もうこの人しかいない」というくらい疑問の余地なく好きになっている。一瞬にして「かけがいのない人」と思い定めてしまう。この理不尽なまでに不思議な情動は、自己の事後性ということからしか説明がつかないと思う。つまり「自己の手前」というべき場所があるのだ。自己の手前だから空間化できず、したがって可視化も実体化もできないために、経験的に把握するのは難しい。目の粗い経験論的な言葉には引っかからないけれど、だからといって錯覚や妄想というわけではない。それどころか、ぼくたちの生の大切な実感である。この確かな実感があるから、見ず知らずの者どうしが短時間で肉親よりも強いつながりをもち、家族をなして子どもを育て、人類を営みつづけているのである。

 はじめて会ったはずなのに、ずっと前から知っていた。この人とは生まれる前から出会っていた。こうした未来を追憶するような感覚は、自己の手前で起こっていることを、現在に貼り付いた自己が体験することによって生まれる。自己の手前だから、自己はそれを未来としてしか展開できないのだ。森崎茂さんが「内包」と呼んでいる感覚は、このようなものだと思う。それはぼくたちの生と切り離せないリアルな感覚としてある。生理学的に説明できないからといって、アルゴリズムに置き換えられないからといって、この大切な感覚を「ない」ことにしてしまってはならない。今日は時間がないのでここまで。また明日、つづきを書こう。(2019.6.23)

>>>きのうのさけびを読む

おはなしメニュー

The Road To Singularity Ep.14

14 人間の未来  午前6時半に起床。コーヒーが飲みたくて、テントを片付けるとさっそく出発。でもスターバックスもWalmartも見当たらない。走りつづけるうちEast Wenatcheeという町に漂着する。西部劇に出てき […]

The Road To Singularity Ep.13

13 一人でできること、できないこと  翌朝は6時に起床。このホテルは朝食が付いてないので、部屋で昨夜の残りを食べる。昼前まで部屋で読書。11時半にチェックアウトしてホテルのレストランで昼食。チキンサラダを注文するとパン […]

The Road To Singularity Ep.12

12 悲しきWindmill  6時半に起床、今日も快晴だ。雨など一度も降らせたことがないような空が広がっている。ホテルには朝食が付いている。ベーグルとソーセージ、卵にコーヒーといったシンプルなものだが、これで充分だ。1 […]

The Road To Singularity Ep.11

11 リスクはあなたが負う  7時に起きて一時間ほど読書。8時半に出発、途中でベーカリーを見つけたので、パンとコーヒーを買って朝食にする。11時ごろPalouse Fallという場所に着く。その名のとおり大きな巨大な滝が […]

ぼく自身のための広告(14)

14 還暦  60歳になった。還暦である。身に覚えのない気分だ。60年でひとまわりして生まれた年の干支に還るといっても、十二支のほうはともかく、十干なんて日ごろはほとんど意識していない、と文句を言っても還暦である。  歳 […]

The Road To Singularity Ep.10

10 The Land of Secrets  朝5時に目が覚める。気持ちがいいのでしばらく散歩。ボブはまだ起きてこないので、もう少し寝る。8時に起きて二人でテントを片付ける。車でしばらく走るとSafewayがあった。店 […]

ぼく自身のための広告(13)

13 オーディオの話……②  高校時代からの友人Y君が、そのころオーディオ雑誌の編集部にいて相談に乗ってくれていた。家を建てると言ったら、いろいろとアドバイスをしてくれた。総じて適切なものであったと思いたい。Y君:リビン […]

新しい物語をはじめよう

 他の動物たちと違い、人間はフィクションをつくり、そのなかで生きる生き物である。現在、私たちがとらわれている最大のフィクションは貨幣と死だろう。 このうち貨幣のほうは、近い将来もっといいものにとって代わられると思う。オッ […]

第6回 松尾芭蕉

1 芭蕉の生涯  寛永21年(1644年)、伊賀上野(三重県上野市)に生まれる。地侍程度の身分で、郷士(武士の待遇を受けていた農民)のようなものだったらしい。その後の年譜には不明なところが多い。父の死後、武家に仕官してい […]

PAGE TOP