書籍紹介

どこへ向かって死ぬか

1,680円

「自由」といわれながらも、生きづらさを感じずにはいられない我々。「人間は根源的孤独を抱えながら、自己のたえざる絶望を経験する。そして精神的時間を生きることで、はじめて死へと出発できる」独り異国パリの地で思索を紡いだ哲学者・森有正の“死に方”に著者は、人間のあるべき姿と、生き方を見る。

→Amazonで購入

静けさを残して鳥たちは

2,000円

葉子の夫は失踪し七年、彼女の元に骨笛が届いた。 謎は謎を呼び寄せ、運命は絡み合う。 東京、福岡、四国、五島、ローマ、ヴェネツィア、パリを結ぶ愛と愛の不在の物語。

→Amazonで購入

船泊まりまで

2,000円

システムエンジニアの俊一とその妻冴子は、世間と一定の距離を保ちながら容易に和解しようとしない。しかし、それでも静かな生活を送っていた。俊一は、アパートの隣に住む女・冴子と関係を持ち、世帯を構えた。

→Amazonで購入

遠ざかる家

1,470円

兄からの電話が、すべての始まりだった。「あのゼラニウムの絵は、どこへ行ってしまったのだろう」やがて、男は知ることになる。五歳の少女が、長い時間を堰きとめられて、ひっそりと生きつづけてきたことを―。

→Amazonで購入

ジョン・レノンを信じるな 青盤

567円

1980年冬。ジョン・レノンが凶弾に倒れたその年の冬、僕は八年間付き合っていた恋人・玲を失った。世界がたちどころに色彩を失ってしまうような喪失感のなか、新しい恋に向かうものの、それはどこか誰かによって演じられたような現実感が欠落したものでしかなかった。そんなある日、僕はある出来事に遭遇する。22歳の恋と喪失、そしてその先にあるもの。

→Amazonで購入

もしも私が、そこにいるならば

540円

人生の一瞬のきらめきを描いた中編集。 自分の一生は、あの一週間のためにあったのかもしれない。そんな一生のような「一瞬のきらめき」を、切なく静かに書いた3つの愛の物語。 事故に遭い、母は植物状態に陥った。余命いくばくもない彼女の病室にある日とつぜん、見知らぬ中年男性が現れるー

→Amazonで購入

宇宙を孕む風

1,680円

教員採用試験を目指しながら、従兄の学習塾を手伝う真梨子。直面する教育の荒廃と母を失った喪失感を抱え、理不尽な世間に苦しめられながらも、純粋で誠実に子供たちの手助けをする。

→Amazonで購入

壊れた光、雲の影

1,300円

廃墟に魅せられたカメラマンは、不治の病を宣告され、撮影の旅に出る「壊れた光」。男は死を前にしてどんな光と影を見ようとするのか。「雲の影」の女が引きずり続けるの息子の死。そして、二つの中編が精緻な文体で反響しあう。

→Amazonで購入

きみの知らないところで世界は動く

620円

ベストセラー「世界の中心で、愛をさけぶ」の片山恭一の原点となるデビュー作。 1970年代後半、高校生の 和哉、和哉の恋人・カヲル、そして和哉の親友ジーコ。不思議な絆で結ばれた3人は70年代、青春の日々を謳歌していた。

→Amazonで購入

世界の中心で、愛をさけぶ

520円

物語は、地方都市に住む男子高校生の主人公、朔太郎の恋人、アキの死からはじまる。彼女の思い出を回想するように、ふたりの出会い、放課後のデート、ふたりだけの無人島への旅。そして彼女の発病、病院からの脱出、そして空港での彼女の死までのストーリーが語られ、朔太郎は自分の幸福が、彼女との出会いから始まっていたことを気づくのだった。

→Amazonで購入

船泊まりまで

1,470円

システムエンジニアの俊一とその妻冴子は、世間と一定の距離を保ちながら容易に和解しようとしない。しかし、それでも静かな生活を送っていた。俊一は、アパートの隣に住む女・冴子と関係を持ち、世帯を構えた。

→Amazonで購入

空のレンズ

560円

現実とヴァーチャルの隙間を舞台にして描かれる愛と友情の物語。 インターネットで偶然知り合った個性豊かなハンドルネームを持つ少年少女たちは突然、現実の世界から不可思議な世界に迷い込む。次々と起こる奇妙な事件。果たして、彼らはその世界から脱出できるのか?

→Amazonで購入

最後に咲く花

650円

ファンド・マネージャーを勤める40歳目前の永江は、離婚後、大学時代の同級生・由希と出会う。 十数年ぶりの再会。お互い気になる存在に変わっていくまでにそれほど時間はかからなかったが、 やがて由希は心肺を病んでいく。

→Amazonで購入

ジョン・レノンを信じるな

500円

1980年冬。ジョン・レノンが凶弾に倒れたその年の冬、僕は八年間付き合っていた恋人・玲を失った。世界がたちどころに色彩を失ってしまうような喪失感のなか、新しい恋に向かうものの、それはどこか誰かによって演じられたような現実感が欠落したものでしかなかった。

→Amazonで購入

考える元気

500円

著者が、独自の視点とアイデアで綴った傑作エッセイ集。これからどこへ向かっていけばいいのか示唆に富む言葉の数々。科学や貨幣は私たちに何をもたらすの?世界を席巻する市民主義にはだれも反論できないの?合理化されたシステムに負けずに思考する。

→Amazonで購入

雨の日のイルカたちは

530円

深い喪失感を抱えながら生きていく人たちを、祈りにも似た言葉で描く四篇の物語。 スーパーの店員から介護士に転身した青年。妻と赤ん坊をホテルに残し、浜辺を散策する男。中洲の風俗で働く十九歳の少女。

→Amazonで購入

もしも私が、そこにいるならば

1,365円

人生の一瞬のきらめきを描いた中編集。 自分の一生は、あの一週間のためにあったのかもしれない。そんな一生のような「一瞬のきらめき」を、切なく静かに書いた3つの愛の物語。 事故に遭い、母は植物状態に陥った。

→Amazonで購入

空のレンズ(単行本)

1,470円

現実とヴァーチャルの隙間を舞台にして描かれる愛と友情の物語。 インターネットで偶然知り合った個性豊かなハンドルネームを持つ少年少女たちは突然、現実の世界から不可思議な世界に迷い込む。次々と起こる奇妙な事件。果たして、彼らはその世界から脱出できるのか?

→Amazonで購入

満月の夜、モビイ・ディックが

500円

地方の大学生・鯉沼の煩わし日常は、同級生・香澄との出会いで一変する。それまでとは異なる生と煌きに包まれた世界ーしかし、その後、彼女との距離感がうまくつかめない鯉沼は、バス釣りの名人で謎の若い絵描き・タケルの運転する自動車に乗って彼女と小旅行に出かけることにする。

→Amazonで購入

世界の中心で、愛をさけぶ(単行本)

520円

物語は、地方都市に住む男子高校生の主人公、朔太郎の恋人、アキの死からはじまる。彼女の思い出を回想するように、ふたりの出会い、放課後のデート、ふたりだけの無人島への旅。そして彼女の発病、病院からの脱出、そして空港での彼女の死までのストーリーが語られ、朔太郎は自分の幸福が、彼女との出会いから始まっていたことを気づくのだった。

→Amazonで購入

DNAに負けない心

500円

著者が、独自の視点とアイデアで綴った傑作エッセイ集。これからどこへ向かっていけばいいのか示唆に富む言葉の数々。科学や貨幣は私たちに何をもたらすの?世界を席巻する市民主義にはだれも反論できないの?合理化されたシステムに負けずに思考する。

→Amazonで購入

きみの知らないところで世界は動く(単行本)

1,575円

ベストセラー「世界の中心で、愛をさけぶ」の片山恭一の原点となるデビュー作。 1970年代後半、高校生の 和哉、和哉の恋人・カヲル、そして和哉の親友ジーコ。不思議な絆で結ばれた3人は70年代、青春の日々を謳歌していた。

→Amazonで購入