お知らせ

片山恭一の毎日更新、いろんなはなしをします
今日のさけび

 誰かと出会って、その人のことを腑に落ちるように好きになる。「好き」という実感が、心と身体の真ん中にストンと落ちてくる。そして「出会う前から出会っていた」とか「生まれる前から会っていた」といった不思議な感覚にとらわれる。ぼくがそうだから、たぶんみんなそうだろう。みんなそうだということにして話を進めよう。既視感(デジャブ)などと呼ばれて、心理学や脳神経学では「記憶が呼び覚まされるような強い印象を与える記憶異常」などと説明されているようだが、全然説明になっていない。そもそも脳神経学などで説明できるものではないのだろう。

 昨日まで見ず知らずだった人のことを、今日は「もうこの人しかいない」というくらい疑問の余地なく好きになっている。一瞬にして「かけがいのない人」と思い定めてしまう。この理不尽なまでに不思議な情動は、自己の事後性ということからしか説明がつかないと思う。つまり「自己の手前」というべき場所があるのだ。自己の手前だから空間化できず、したがって可視化も実体化もできないために、経験的に把握するのは難しい。目の粗い経験論的な言葉には引っかからないけれど、だからといって錯覚や妄想というわけではない。それどころか、ぼくたちの生の大切な実感である。この確かな実感があるから、見ず知らずの者どうしが短時間で肉親よりも強いつながりをもち、家族をなして子どもを育て、人類を営みつづけているのである。

 はじめて会ったはずなのに、ずっと前から知っていた。この人とは生まれる前から出会っていた。こうした未来を追憶するような感覚は、自己の手前で起こっていることを、現在に貼り付いた自己が体験することによって生まれる。自己の手前だから、自己はそれを未来としてしか展開できないのだ。森崎茂さんが「内包」と呼んでいる感覚は、このようなものだと思う。それはぼくたちの生と切り離せないリアルな感覚としてある。生理学的に説明できないからといって、アルゴリズムに置き換えられないからといって、この大切な感覚を「ない」ことにしてしまってはならない。今日は時間がないのでここまで。また明日、つづきを書こう。(2019.6.23)

>>>きのうのさけびを読む

おはなしメニュー

勝手にゴダール take1

1  ゴダールというのは不思議な作家だ。彼の映画を観ている人に比べて、彼や彼の作品について書かれたもののほうが圧倒的に多い気がする。調べたわけではないけれど、そういう印象である。ぼくもまた、その一人になろうとしている。ゴ […]

ザ・ベスト・オブ・ビートルズ

 あるミュージシャンやバンドを好きになると、自分なりのベストものをつくりたくなる。最初はカセットテープで、その後はMDで。これまで何度も、ビートルズのベスト10やベスト20を選ぼうとして、そのたびに挫折してきた。これを選 […]

PAGE TOP