小説のために

小説のために(第三話)

 ぼくたちは自分の内在的な本質によって自分になっているわけではない。自分探しなどというのは、地中に果てしなく穴を掘りつづけるようなものだ。最初から無意味であることはわかりきっている。自分を探すのではなく、他者を探さなくて […]

小説のために(第二話)

 飼い猫の話をしよう。ぼくの家には、いま二匹の猫がいる。一匹はオスのヒースで12歳。もう一匹はメスのフクちゃんで、もうすぐ7歳になる。二匹とも病気を抱えているが、とくに今年に入ってからフクちゃんの容態がよくない。  一年 […]

小説のために(第一話)

1  「小説のために」というサイトの名称は、ウェブ・デザイナーの東裕二さんが、このホームページの試作段階でとりあえず付けてくれたもの。これからはじめようとしているサイトにぴったりだと思ったので、そのまま使わせてもらうこと […]