小説のために(第二十五話)

15  宮沢賢治が詩や童話で使っている用語や比喩(隠喩)が独特であることは、吉本隆明をはじめとして多くの人が指摘している。水でも川でも石でも雲や風や森や木の芽でも、賢治の言葉を通過することで固いものは柔らかくふくらみ、液 […]

小説のために(第二十四話)

14  2016年7月に相模原市の障害者施設で起こった殺傷事件をおぼえておられるだろうか。事件から一年が経って、被害者の父親の一人が新聞のインタビューに応じた。亡くなった娘さんは35歳で、残されたお父さんは取材当時62歳 […]